HOME » ソーラーシェアリング 営農型太陽光発電

営農型太陽光発電とは?

ソーラーシェアリングによる営農型の太陽光発電は、支柱を立てて農地の上空に発電パネルを並べて設置します。
下にある作物が育つ最低限の光量を確保するため、発電パネルで覆うのではなく、一定間隔の隙間を作って並べるのが特徴です。

一般に農地で作付される多くの作物にとって、作物の成長に必要な光量よりも、太陽から降り注ぐ光量の方が多いとされています。
大半の植物には、一定量以上の光量を受けてもそれ以上光合成ができない上限(光飽和点)があり、光飽和点以上の光量を与えても一定の光合成量を保ちます 。

したがって、光飽和点が低い作物ほど、残りの太陽光は過剰に降り注いでいることになり、過剰な太陽光を利用して発電する仕組みが考えられました。
ソーラーシェアリングでは、農地の空中に隙間を作って太陽光発電パネルを並べ、作物への日射量を確保しながら発電します。

農地で行う太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電にはメリットもデメリットもありますが、農地ならではの特徴もあり、他の土地よりもよく精査して決めた方がよいでしょう。

メリット

太陽光発電は、都心の一等地で行っても田舎の農地で行っても、同じ太陽光なら発電量が同じなので、地価が安いほど土地の利用効率は高くなります。

また、日照については、元々は作物のために日照がある土地を切り開いていますから、周りに大きな建物がなく、農地のほとんどは太陽光発電に好条件です。

デメリット

転用型なら架台を設置するための基礎を固定する地盤改良(特に水田)が必要だったり、営農型なら下にある農地への影響を考慮したりする、一定の制限としてのデメリットは生じます。

営農型太陽光発電設置工事の様子

太陽光発電やオール電化のご相談・お見積等お気軽にご相談下さい

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

0120058347