HOME » 住宅用(10kw以下)のお客様 » よくあるご質問

よくあるご質問

Q

余った電気は売ることができるって本当?

Q

曇りや雨の日は電気が使えなくなる?

Q

太陽光発電で家庭で使う電気を全部まかなえる?

Q

どんな機器を設置するの?屋根に乗せても大丈夫?

Q

設置するのにいくらかかる?

Q

設置に補助はない?

Q

何年ぐらいで元が取れる?

Q

機器の寿命は?メンテナンスは必要?

Q

停電時にも電気は使える?

Q

ごみやほこりによる発電量への影響はある?

Q

ガラスの反射についてはどうですか?

Q

各種災害についての対策は?

Q

塩害についてはどうですか?

Q

KW(キロワット)とKWh(キロワットアワー)の違いはなんですか?

Q

設置できる屋根は南向きだけ?

Q

設置方位や設置角度の影響は?

Q

影の影響はありますか?

Q

TVアンテナは問題ない?

Q

太陽電池は㎡あたり何W設置できますか?

Q

パワーコンディショナの設置場所はどこがいい?

Q

工事日数はどれぐらい?

Q 余った電気は売ることができるって本当?

A はい、本当です。

昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます(売電)
逆に、夜は発電することができないので、電力会社から電気を買って使います(買電)
電気の売り買いは自動的に行われるので、面倒なことは何もありません。
売った分の電気代は契約者の口座に振り込まれます。「このお金が楽しみで、節電に励んでいる」というユーザーの声もたくさん聞かれます。

  • ※電気を売り買いするには、電力会社との契約が別途必要です。

発電量

Q 曇りや雨の日は電気が使えなくなる?

A いいえ、電気はいつでも使えます。

太陽が出ていれば発電しますが、曇るとあまり発電できなくなります。
そういった時は、不足分の電気を電力会社から買って使います。ですから、曇っていても雨が降っていても、電気が使えなくなることはありません。

Q 太陽光発電で家庭で使う電気を全部まかなえる?

A 4kWシステムなら、70%程度まかなえる計算です。

太陽電池容量 1kWシステム当たりの年間発電量は約1,000kWh(※1)。
一世帯当たりの年間総消費電力量は5,650kWh/年なので(※2)、4kWシステムを設置すれば、70%程度を太陽光発電でまかなえる計算になります。

  • ※1. 太陽電池を水平に対して30度傾け、真南に向けて設置した場合の計算例です。 地域や太陽電池の方位、傾斜角度により発電量が変わります。
  • ※2. 太陽光発電協会試算(表示に関する業界自主ルール(平成22年度))

Q どんな機器を設置するの?屋根に乗せても大丈夫?

A 太陽電池モジュールやパワーコンディショナなどの機器を設置します。
屋根に設置するのは太陽電池モジュールのみで、一般的な屋根であれば設置できます。

屋根に架台を取り付け、その上に「太陽電池モジュール」を設置します。太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換する「パワーコンディショナ」は、屋内あるいは屋外の壁面に取り付けます。

4kWシステムの場合、太陽電池モジュールの設置面積は約25〜40㎡で、重さは架台などの設置部材を含めて400〜550kg程度です。ほとんどの場合、問題はありませんが、家によっては屋根の補強が必要であったり、設置できない場合もありますので、まずはご相談下さい

Q 設置するのにいくらかかる?

A  当社は各社取扱いのため各メーカーにより異なるのでお問い合わせ下さい。

太陽光発電システムを設置するには、機器一式, 設置架台、電気・設置工事費等の費用がかかります。 これらの費用は、設置条件(新築, 既築)やモジュールのタイプ(屋根置き型,屋根材型)、 あるいは屋根材の種類や形状、面積などによって異なりますので、まずはお問い合わせ下さい

Q 設置に補助はない?

A 国や地方自治体によって様々な支援制度があります。

平成20年度の補正予算にて設置補助制度が新たに創設されました。
太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)で補助金申請を受付けています。
制度内容や申請条件、申請手続き等詳しくはJ-PEC ホームページ(下記)をご覧下さい。

Q 何年ぐらいで元が取れる?

A 一般に10〜20年ぐらいで元が取れると言われていますが、設置条件やライフスタイルなどによって異なります。

償却期間を縮めるには、自己消費分の電力を減らして、売電量を増やすことがポイント。
新築であれば高断熱・高気密住宅にする、省エネタイプの機器を使う、昼間と夜間の電気料金が違う 「時間帯別電灯契約」にする、ことなどが有効です。

Q 機器の寿命は?メンテナンスは必要?

A 太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10〜15年と言われています。

表面が強化ガラスで保護されているモジュールの場合、寿命は20年以上と言われています。また、太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システムに比べて長寿命でメンテナンスも簡単です。
「ホコリが付いて、発電能力が落ちるのでは?」との懸念もありますが、たいていの場合、汚れは雨によって自然に流れます。何年かに一度、定期点検をすれば安心です。
なお、パワーコンディショナは10〜15年が寿命と言われているので、設置後10年程度で一度点検し、必要に応じて取り替えて下さい。

Q停電時にも電気は使える?

A 非常用のコンセントとしては使えます。

停電時にはパワーコンディショナの運転は停止しますが、自立運転機能付きパワーコンディショナを使用している場合、昼間天気が良ければある程度の電気を使用することができます。

Q ごみやほこりによる発電量への影響はある?

A 太陽電池にごみやほこりが付着する晴天が続き、砂ほこり等が付けば発電量は数%程度ダウンすることもありますが、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。

一般の住宅地区では塵や木の葉などの汚れは降雨で流されますので、掃除の必要は殆どありません。
ただし、交通量の多い道路への隣接地域等では油性浮遊物が付着し降雨だけでは流されない場合があります。平均的な都市部で汚れによる出力低下はおよそ5%以下です。

Q ガラスの反射についてはどうですか?

A 近年、屋根の設置スペース等から北面方向屋根に太陽電池モジュールを設置する例も見られるようになりましたが、 その際には、近隣住宅に「反射光」が差し込む場合がありますので太陽電池モジュール設置時には、考慮する必要があります。

Q 各種災害についての対策は?

A 次のような対策をとっています。

太陽電池が直接落雷を受けたという事例は極めて稀です。一般の屋外設置の電気機器でもごく稀に被害を受ける例もありますが、これらは直接落雷ではなく、間接的な誘導電流が流れることによって受ける被害です。一般住宅として屋外に設置されている他の電気機器同様、太陽電池だからといって落雷を受け易い理由はありません。落雷の懸念が全くないわけではありませんが、太陽光発電システムとしての落雷対策は、回路内に一定性能のサージアプソーバ(避雷素子)等を設 置して誘導雷対策を行い、被害を食い止める策をとっています。

耐震性

4kWシステムの場合、太陽電池モジュールの設置面積は約25〜40㎡ で、重さは架台などの設置部材を含めて400〜550kg程度です。ほとんどの場合、問題はありませんが、家によっては屋根の補強が必要であったり、設置できない場合もありますので、まずはご相談下さい。

風・台風

屋根への太陽電池モジュールの取り付け強度はJIS C 8955にもとづき、強風にも耐えるよう設計されています。

雪害

各メーカーより積雪量に応じた太陽電池モジュール・架台と推奨傾斜角度が用意されており、また積雪量による地域制限が設けられている場合もあります。積雪の少ない地域では雪への対応はあまり考えなくて構いませんが、屋根が隣地との境界近い地域(特に都市部)では、モジュールから落下する雪が隣家に落下する場合がありますので、モジュール設置する際には注意しなければならないこともあります。

モジュールのガラス面はJIS規格(1mの高さから227g直径38mmの鋼球を落下させて、これに耐えること)に適合した強化ガラスを使用しており、雹で割れることはまずありません。

Q 塩害についてはどうですか?

A 各メーカーごとに海岸からの距離を基準として塩害地域を規定しています。

Q KW(キロワット)とKWh(キロワットアワー)の違いはなんですか?

A 「kW」とは瞬時の発電電力を示し、「kWh」とは1時間あたりの発電電力量若しくは、 ある時間帯・1日等の消費又は発電電力の時間積算値を示します。

4kW発電を5時間続けた場合、4×5=20kWhの発電電力量となります。

Q 設置できる屋根は南向きだけ?

A  南向きを100%とした場合、太陽電池を設置する方位によって発電量が変わります。

方位を確かめて設置してください。またひとつのシステムを東西などに分けて設置することもできます。

Q 設置方位や設置角度の影響は?

A  設置方位や設置角度によって日射量が大きく変化します。

東京における日射量の方位角度、傾斜角度別の関係を下表に示します。最も日射量が大きいのは、真南の方位で30度の傾斜角度のときになります。

Q 影の影響はありますか?

A 下記のような影響があります。なるべく太陽電池に陰が掛からないような工夫をすることが重要です。

薄い陰(山、ビル、樹木、電柱等の陰)が太陽電池に掛かった場合、発電量が低下しますがゼロにはならず陰の部分でも周囲からの散乱光によりある程度発電します。

落ち葉など不透明な物体が太陽電池の表面に貼りついた場合、その物体により遮られる光の量による発電量の低下以上に太陽電池の発電量は低下します。長期間 その状態が続くと、光の遮蔽された部分のセルが高温となって特性が低下するホットスポット現象が発生する場合もあります。通常は太陽電池内部にバイパスダイオードが取り付けられていますので、この現象の発生が防止されています。

Q TVアンテナは問題ない?

A 既設のアンテナ等が太陽電池の南側にある場合、発電量が低下する恐れがあるので移設してください。

Q 太陽電池は㎡あたり何W設置できますか?

A 4kWシステムの場合、太陽電池モジュールの設置面積は約25〜40㎡です。

Q パワーコンディショナの設置場所はどこがいい?

A 屋外設置の場合、直射日光をさけて設置してください。

屋内用の場合は、高温、 多湿環境をさけて設置してください。点検スペースサイズは、パワーコンディショナの施工マニュアル等に記載されています。

Q 工事日数はどれぐらい?

A 一般宅で平均2日程。屋根の状態等により4日程度かかる場合もあります。

太陽光発電やオール電化のご相談・お見積等お気軽にご相談下さい

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

0120058347